更年期障害

更年期障害

更年期障害は個人差があり何の不調を感じない方もいれば、薬などを服用したり、医者に相談に行ったりなど重い症状が出る方もいます。

原因は女性ホルモンの減少が脳の指令を混乱させることにあり、生理が終わる少し前ごろから現れることが多いです。

女性の更年期障害の主な症状は手足が冷える、肩こりや腰痛がひどい、頭痛、めまいや耳鳴り、動悸、のぼせ、ほてりなどがあります。

不眠になってしまったり、疲れたりイライラしたりと身体的だけでなく、精神的にも不調をきたします。

関連記事

  1. 更年期障害の緩和策としてのストレッチ

  2. 更年期障害にストレッチが効くこともあります

  3. 有酸素運動がダイエットに有効

  4. 顎関節症は原因を知って予防したい

  5. 寒さを増してきたこの時期、多くの方が悩まれるのが肩こり

  6. 乾燥肌に効果的なアロマオイルの使い方